スタッフブログ一覧

院外健康教室 in たてばば福祉館
2019年03月18日

もうすぐ春ですね♪

 

鹿児島の桜はまだつぼみ状態、今月下旬から4月上旬にかけて開花が予想されています!

 

早くお花見がしたいですね!!(・ω・)

 

 

さて、今年度5回目となるたてばば福祉会館での院外健康教室を開催してまいりました!

 

今回の講師は、介護事業部が誇るGood Young Man谷口理学療法士です!

 

 

今回は、参加者に対しE-SAS評価を実施。

 

「生活のひろがり」「転ばない自信」「入浴動作」「歩くちから」「休まず歩ける距離」「人とのつながり」についてグラフ化し、フィードバックを行いました!

 

 

 

 

 

  

変化点などでどうすれば改善できるかや、もっと良くするにはどうすれば良いかといったご質問をいただく事ができました!

 

また、社会福祉協議会の方も参加されて、来年度の院外健康教室についてお打合せもさせていただきました!

 

来年度は、身体機能や精神機能面の計測や運動に関する内容が聞きたいとの要望が出ているとの事でしたので、来年度に向けて早速検討していきます!!

 

来年度も、地域の「嬉しい」「良かった」を増やせるよう、このような活動を継続していきます!

新入職員説明会
2019年03月14日

4月1日から当院へ入職される新入職員の方へ入職説明会を開催いたしました!

 

定刻が近くなると、初々しいスーツ姿の新入職員のみなさんが続々と集合してきます!

 

全員揃ったところで、事務長から新入職員へ挨拶がありましたが、みなさんガッチガチに緊張している様子でした(^_^;)

 

ですが、緊張の中にも希望とやる気が垣間見えました!(*∀*)キラリン

 

ご覧の通り、来年度は入職者が例年以上に多いです!

どんな年代になるのでしょうか!?

 

 

あと2週間後には共に働く仲間となる新入職員のみなさん!

 

初心を忘れず、大きく成長していただける事を心より願っております(*^_^*)

卒業…
2019年03月11日

春は別れと出会いの季節ですね!

 

診療支援部 診療支援課には5名の新社会人との出会いがあります!

 

4月1日から診療支援部 診療支援課の仲間となる4名の卒業式にお邪魔し、花束を贈呈してきました!

みなさん晴れ着姿が良く似合っていますね☆

 

残念ながら卒業式にお邪魔出来なかった1名(左)には花束を贈呈!

みなさん卒業おめでとうございます!!

 

 

長かった学生時代も終わり、間もなく社会人1年生です。

 

残り少ない学生気分を今のうちに満喫し、4月から同じ社会人として共に頑張っていきましょー\(^o^)/!!

 

 

♪今 旅立ちの日 君が強く

 

♪Oh Oh 残してきた足跡が

 

♪闇の中の光となり Oh Oh 果てしなき道を照らす

 

♪さあ行こう 僕らの未来へ さあ行こう もう迷わないで

医療安全対策委員会定例研修会開催
2019年03月09日

鹿児島市内は花粉が舞っております!!

 

花粉は春の訪れですが、花粉症にはたまったもんじゃありません(´Д`;)

 

さて、去る3月6日に医療安全対策委員会が主催する今年度第2回目の定例研修会が役職者を対象に開催されました。

 

今回のテーマは「私の考える医療安全とは」で、2名のベテラン理学療法士が講師を務めました!

 

まずは、竹内 明禅診療副部長から当院で運用しているクリニカル・パスを通じての医療安全について講義がありました。

 

 

続いて、五十峯 淳一介護事業部長から平成11年に横浜の病院で起きた患者取り違えによる医療事故裁判について講義がありました。

 

 

本研修はビデオで録画し、一般職員も後日全員受講します。

 

質の高い、安心・安全な医療を提供する為に、各部署及び個人が医療安全の必要性・重要性を理解し、更なる体制・環境づくりへとつなげていただきたいですね☆

回復期リハビリテーション病棟協会 第33回 研究大会in舞浜・千葉
2019年02月28日

回復期リハビリテーション病棟協会主催の「第33回 研究大会in舞浜・千葉」に当院スタッフが参加してまいりました!

 

舞浜と言えば・・・SŌ!

 

誰しもが子供に戻れる夢と魔法の国、あの東京ディズニーリゾートの隣接施設が会場でした!

 

 

 

それはさておき、当院からはベテランの看護師2名、理学療法士1名が発表をさせていただきました!

 

▶「在宅復帰後の内服自己管理に向けた入院中の取り組み」下赤 久美(看護師)

 

▶「入院患者の退院に向けた不安項目の抽出」池畑 飛鳥(看護師)

 

▶「入院中の高齢者骨折患者におけるラバーバンド運動介入の効果について」中村 裕樹(理学療法士)

 

 

  

各自、当院での取り組みをまとめ上げて発表し、多数の質問もいただき新たな気付きを得る事が出来ました!

 

今回の学会には、当院の若手看護師も数名同伴しました。

 

先輩方の発表や他施設の発表を学び、自身が練っている学会発表予定の研究内容を深める事が目的です。

 

今回の学会参加で、自身の見識が広がり、モチベーションアップが図れたのではないでしょうか??

 

参加されたみなさんお疲れ様でした!!

 

 

<オフショット>

初日終了時の懇親会では、ミッキーたちが遊びに来てくれました〜!

 

 

  

 

春の火災予防週間
2019年02月25日

平成31年3月1日(金)〜7日(木)までの7日間は「春の火災予防週間」となっております。

 

全国統一防火標語は「忘れてない? サイフにスマホに 火の確認」です。

火災はいつでもどこでも起こり得るものですので、他人事とは思わず、この機会にご自宅・職場の防火設備を確認されてみてはいかかでしょうか?

 

<住宅用火災警報器交換のおすすめ>

住宅用火災警報器が正常に作動するか、定期的に点検・清掃をしましょう!

 

警報器は、概ね「10年で劣化」します。設置してから10年が経過したら、新しい警報器に交換しましょう。

Good Job活動
2019年02月21日

「いい仕事したね!」

 

あなたは同僚へそんな言葉をかけたり、かけてもらった経験はありますか?

 

当院では、「Jobカード活動」として、職員の日々の業務の中で行っている工夫や気配り、模範行動や取り組み等を「Good Job」として評価し、その内容をカードに記載して当人へ渡す活動、簡単に言うと「いいね!」と思ったら褒める!活動を行っています。

 

こちらが「Good Jobカード」です。

こちらに「いいね!」と思った行動や取り組みを記載し、専用の投函BOXへ投函します!

 

投函されたカードは当人へ手渡されます!

 

その様子がこちら!

 

なんと理事長・院長が所属部署をまわり手渡しでカードを渡していきます・・・!!

 

これにはカードを渡される野崎PT(右)も驚いた様子!

 

理事長と所属長の竹内チーフからカードが手渡されます。

 

長野院長からもねぎらいの言葉をかけていただきました!

 

 

良いチームを作る為には、相手の悪い所ばかりを指摘せず、良い所も見つけて伝えてあげる事が大切だと思います。

 

「世界は誰かの仕事でできている。」

 

某飲料メーカー缶コーヒーのキャッチフレーズですが、この言葉を念頭に、職種は違えど相手の事を考え、リスペクトし合う事が良い仕事が出来る、良い職場作りにつながる一つの方法かもしれませんね☆

搬送時救急体制模擬訓練
2019年02月21日

冬の寒さもだんだんと和らぎ日中は春らしい暖かさも感じられる季節となりました!

 

インフルエンザの季節から花粉症の季節へと移り変わろうとしておりますが、まだまだインフルエンザにはご注意ください・・・!

 

さて、当院は車イスやストレッチャーごと乗車出来る福祉車両を有しており、当院へ転院して来られる場合や後方施設へ転院・転所される場合等の患者さんの搬送サービスを行っております。

 

搬送の際、患者さんが急変を起こした場合に、統一した対応が出来るよう福祉車両を運転する搬送スタッフと、同伴する看護師を対象に模擬訓練を行いました。

 

下赤看護部長代理から本訓練の目的と内容説明があり訓練へと移ります。

 

実際に搬送中(運転中)の場面から想定します。

 

搬送中、患者さんに異変が!!

 

看護師から運転手へ異常が伝えられ、福祉車両を路肩へ移動させ、救急処置を行います!

 

どうやら心肺停止を起こしているようです・・・

 

看護師が救急車の手配と当院へ急変が発生した報告を行います。

 

 

救急車到着までの間、看護師と搬送スタッフで協力して心肺蘇生を継続します。

 

 

 

救急車到着後は速やかに救急車への移乗を行います。

 

以上が搬送時急変の一連の流れとなりますが、実際に訓練を行ってみて改善すべき点が数多くありました。

 

気になった点を全員で出し合い、どう改善すべきかを協議します。

 

 

今後もこのような模擬訓練を繰り返し行い、急変時にベストな対応が統一して出来るよう努めてまいります。

節分
2019年02月06日

2月3日は節分でしたね!

 

当院でも季節のイベントとして豆まきを行いましたー!

 

節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に年4回あったそうです。ところが、日本では立春は1年の始まりとして特に尊ばれたため、次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったようです。

 

豆まきは中国の習俗が伝わったものとされています。豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があるそうです。京都の鞍馬に鬼が出た時、毘沙門天のお告げにより大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目)=まめ」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

 

前置きが長くなりましたが、鬼の登場です・・・!!

これから入院患者さんの元へ悪さをしに行くのでしょうか!?

 

病棟では入院患者さんが節分イベントを心待ちにしています!

 

鬼の仮装をされている方もいらっしゃいますね!

 

あっ!鬼が来ました!

 

次々と見境なく襲いかかります!なんて奴だ!!

 

 

 

極悪非道な鬼に「魔滅(まめ)」で応戦します!

 

 

これには鬼も怯み、退散・・・

 

かと思われた矢先、今度は病室で悪行の限りを尽くします!なんて奴だ!

 

 

ですが案の定返り討ちに遭い、今度こそ退散!

 

退散後の鬼のロッカールームを覗くと・・・

 

鬼A「魔滅(まめ)半端ないって!あいつ半端ないって!投げたあとも食べれるってそんなんできへんやん普通!」

 

鬼B「あれは凄かった。俺も拾って食べたぞ。」

 

どこかで聞いたようなやり取りが行われていました。

 

最後は恵方巻が振る舞われ、楽しかった節分イベントも終了となりました!

2018年度 慈圭会杯開催
2019年02月06日

「いくぞ!岬くん!」

「おう!翼くん!」

 

♪ダッシュ ダッシュ ダッシュ

 

♪キック・エンド・ダッシュ

 

♪いつかキメるぜ稲妻シュート

 

♪そんとき俺がスーパーヒーローさ

 

 

世界中の名だたるフットボールプレイヤー達が憧れた「キャプテン翼」。

 

少年時代の大空 翼くんを彷彿とさせるプレーが今年も見られました!

 

当院では地域貢献活動の一環として、病院近隣の少年サッカースポーツ少年団を招待し、青少年育成と地域交流を目的としたサッカー大会を毎年開催しており、今回はその様子をお伝えします!

 

対象はU-10で、下記8チーム総勢110名の少年少女フットボールプレイヤーが参加しました!

 

郡山サッカースポーツ少年団

清水サッカースポーツ少年団

草牟田サッカースポーツ少年団

大明丘サッカースポーツ少年団

玉江サッカースポーツ少年団

西伊敷サッカースポーツ少年団

山下サッカースポーツ少年団

吉野東サッカースポーツ少年団

 

大会実行委員長の八反丸 哲史の挨拶で大会が開幕しました!

 

フットボールプレイヤーにとっては試合も大事ですが、良いパフォーマンスを発揮する為には良いサポートも必要です。

 

開会式後、指導者や父母向けに「ジュニア世代における外傷・障害予防」と題し、テーピング等の実技を交えた障害予防教室を当院理学療法士により開催させていただきました!

 

 

 

このような障害予防教室を通して少年少女の指導・サポートの一助になれたらと考えております!

 

さあ、いよいよ試合開始です!!

 

予選から熱い戦いが繰り広げられました!!

 

 

 

 

 

 

予選終了後は、お待ちかねの豪華景品が当たる抽選会!!

 

子供達と一緒にドキドキワクワクしすぎて写真がありません!!(/_;)盛り上がりすぎました・・・

 

さて、抽選会後はいよいよ決勝トーナメント!!

 

今年の優勝はどのチームでしょうか!?

 

円陣にも力が入ります・・・!

 

 

 

 

 

 

見事、激戦を制したのは・・・玉江サッカースポーツ少年団のみなさんでした!!

 

優勝:玉江サッカースポーツ少年団

 

準優勝:大明丘サッカースポーツ少年団 

 

3位:吉野東サッカースポーツ少年団

 

そして、今大会は個人賞も設けております!受賞者は下記の通りです!

 

せごどん賞(左)・なでしこ賞(右)

 

 

ベストGK賞(左)・敢闘賞(右)

 

 

MVP(左)・得点王(右)

 

 

最後に、理事長が閉会の挨拶・総評を行い、今年度の大会は閉会となりました。

 

あいにくの天気でしたが、最後まで一生懸命プレーしてくれた選手達、そして最後まで大きな声で応援してくださった指導者・父母の方々のおかげで無事に大会を終える事が出来ました!

 

ありがとうございます!

 

優勝した玉江サッカースポーツ少年団のみなさん、おめでとうございます!!

 

参加してくださったチームの今後の発展を心より祈念しております!