スタッフブログ一覧

鹿児島市米寿敬老祝贈呈式
2019年09月14日

9月16日の「敬老の日」を前に、当院ご入院中の米寿を迎えられた患者さんに記念品とお祝金を贈呈するために鹿児島市役所の方が来院されました!

 

鹿児島市では、満88歳(米寿)と満100歳(百寿)を迎えられた方に記念品(賞状)とお祝金が贈呈される制度があります。

 

今年米寿を迎えられたのはこのお二方。まずは市役所職員の方より祝辞が伝えられました。

 

 

記念品の賞状とお祝金が贈呈されます!お一人ずつ賞状を読み上げ、ご家族と一緒に受け取られました!

 

 

 

感極まって涙を流される場面も。88歳という人生の節目を迎えられるにあたり、様々な想いがあった事でしょう。

 

最後はお互い支え支えられたご家族と記念撮影☆

 

写真は記念として贈呈させていただきました!!

 

毎年、米寿と百寿を迎えられた方へはご入院・ご入所先やご自宅に訪問し、このようにお一人ずつ手渡しで贈呈されているとの事。

 

鹿児島市では今年約2000人の方が米寿を迎えられるそうです!

 

人生100年と言われる時代、次の百寿も元気な姿で受賞していただきたいですね!

これが八反丸の祭りだよ〜♪
2019年09月14日

毎年恒例の病院夏祭りが今年も開催されました!

 

この病院夏祭りには、ご入院されて夏祭りに行く事が困難な患者さんの為に、少しでも日本の夏の風物詩の雰囲気を味わってもらいたい!!というスタッフの想いが込められています。

 

年々クオリティが上がり、今回は過去最高の夏祭りとなったと思います!!

 

ではご覧くださーい!!

 

今年の会場は院内一の面積を誇る1階理学療法室です!

院内で一番広いですが、所狭しと夏祭りならではの催し場を設けました!!

 

この日の為に準備を進めてきたお祭り男(企画・運営リーダー)の中薗看護師も最終チェックを行います!

 

そして開場の時間!続々と患者さんが来場し、あっという間に祭り会場のような活気に包まれました!!

【射的】

  

 

  

 

【ボンボン釣り】

  

 

  

 

【金魚すくい】

  

 

  

 

【カタヌキ】

  

 

【ピンポン玉すくい】

 

 

【千本引き】

 

 

【スイカ割り】

  

 

  

※この後みなさんで美味しくいただきました!

 

【大抽選会】

 

 

 

 

この他にも、かき氷体験やお面、冷えたラムネ、リハビリスタッフによる余興や打ち上げ花火観賞(ビデオですが・・・(^_^;))などなど、本物の夏祭りさながらの催し物を行いました!!

 

多くの入院患者さんにご来場いただき、童心に帰ったようにたくさんの笑顔をいただきました!!写真が多すぎて、全てご紹介出来ないのが残念です・・・

 

今年の病院夏祭りも大いに盛り上がりました!夏祭りを企画・運営していただいた職員のみなさん、ありがとうございました!そしてお疲れ様でした!

 

来年も楽しみにしています!!

第1回 日本スティミュレーションセラピー学会
2019年09月10日

2019年8月3日〜4日にかけて、福井県郡山市で開催された表題の学会に当院の理事長とスタッフが参加してまいりました!

 

本学会は、2010年に東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座の安保雅博主任教授が主催した「第1回 マグネティック・スティミュレーション研究会」を発端としており、その後に名称を「Stimulation Therapy研究会」へと変更、徐々に規模を拡大しました。

 

2018年に福井市で行われた「第9回 Stimulation Therapy研究会」にて一度終止符を打ち、研究会から学会へと昇格。今回、記念すべき第1回目の学会が開催されました!

 

当院理事長は、本学会の特任理事に任命されており、また、学会評議員を当院OTスタッフ2名が拝命しております!

 

理事長は、東北大学脳神経外科 新妻邦泰教授による特別講演「Muse細胞による再生医療について」の座長も務めさせていただきました。日本の将来を変え得る、iPSやES細胞よりも安全性に優れるとてもすごい多能性幹細胞なんです!

座長の様子・・・

 

今回、当院のSTスタッフが演題発表も行いました!

演題発表記念に撮影!!

 

演題「干渉波電気治療機器(ジェントルスティム)導入による当院の取り組みージェントルスティム導入前後での嚥下障害改善の変化についてー」

堂々とした発表で、フロアからの質問にも臆することなく議論が行えました!

 

また、当院HPの「最新のお知らせ」にもあるように、本学会中にNEUROの認定を受けました!!

NEUROについての詳細はコチラをご覧ください。

 

 

 

一見同じように見えますが、若干違います(^_^;)

 

これにて記念すべき第1回目の学会も無事終了しました!

第2回は、青森新都市病院さんがホストとなり、青森県で開催予定です!

Q.「煮麺」何と読むでしょうか??
2019年08月29日

みなさんこんにちは!八反丸クッキングのお時間がやってまいりました!

表題のプチクイズ、みなさんはわかりましたでしょうか??

正解は・・・

 

・・・

 

煮麺=「にゅうめん」です!

SO!今回のMENUは「にゅうめん」で〜す!

 

みなさんは「にゅうめん」ご存知ですか??お盆の精進料理として広く知られており、お盆に帰省すると食する機会があると思います(^_^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「にゅうめん」とは??

温かく煮たそうめんの事で、手延べそうめん発祥の地といわれる奈良県の郷土料理です。表題の通り「煮麺」と書くそうです。そうめんは、奈良時代に唐(中国)から伝来したといわれています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回も八反丸菜園で採れた夏野菜をふんだんに使用して「にゅうめん」を作っていきますよ〜!!

 

まずはトッピング用のナス・オクラ・椎茸を食べやすい大きさにカットしていきます。

  

 

こちらではそうめんを湯がいていきます!

 

沸騰したお湯にそうめんを投入すると、まるで大輪の花が咲くように麺が踊ります!

 

具材はカット後に素揚げに、そうめんは器へ盛り付けていきます!

 

 

調理も最終段階!具材のトッピング!

  

 

出汁の効いた薄めのお汁を器へ注げば・・・

 

 

完・成っ!!

 

いぃざ実食ぅぅぅぅぅー!!

 

うましっっっ!!

にゅうめんは温かいお料理ですが、そうめんならではのツルッとしたのど越しと、薄めのお汁が相成り、暑い夏でもサッパリといただける一品となりました!

また、野菜もゴロゴロ入っており食べ応えも十分!昼食前におなかいっぱいになってしまってはいけないので、少量ずつ大人数に振る舞いました!

 

これにて調理訓練はお開き。

さてさて、次はどのような料理を作りましょうか??乞うご期待!!

開院記念式典
2019年08月23日

院内研究発表会の後は、開院記念式典が催されました!

今回の開院記念式典では、日頃から当院と連携させていただいている医療機関や外部業者の方々を初めてご招待し、来賓としてお迎えいたしました!

理事長より、挨拶と乾杯のご発声をいただき、開宴!

 

 

式典内では、直前に行われた院内研究発表会の表彰や、永年勤続表彰、各種社内表彰(Good Job・部長推薦など)も執り行われました!

 

【永年勤続表彰】

今年は、20年勤続が3名、10年勤続が5名でした!

 

 

 

【特別表彰】

定年を迎えてもなお当院で勤続していただいている職員へ送られました!

 

 

【推薦賞】

理事長・院長・各部長が、年間を通し病院へ貢献したと考える団体・職員へと送られました!

☆部長賞

地域貢献活動委員会 サッカーフェスチーム

 

☆理事長賞                      ☆院長賞

 

 

☆最優秀賞

行事委員会

 

【Good Job賞】

Good Job活動(「いいね!」と思った行動や取り組みをカードに記載し当人へ渡す活動)で一定の評価を得た団体・職員へ送られました!

☆個人の部

 

☆団体の部

診療部 コメディカル部 栄養室

 

【院内研究発表】

☆理事長賞                       

入院患者に対する身体機能に応じた段階的機能訓練への取り組みーオーダーメイドリハの実践ー

 

 

☆院長賞

診療明細書に対する問い合わせゼロを目指して

 

☆1位〜3位入賞

1位:当院クリニカルパスにおける傾向と今後の活用ー4年間のデータ分析よりー

2位:インフルエンザのアウトブレイクに関する対策と対応および今後の課題

3位:下肢周径に対する物理療法を用いた即時的変化の検証

受賞されたみなさん、おめでとうございます!

 

なお、今回は更に特別表彰として約30年に渡り当院へ勤続していただいた看護師が退職される事になり、病院から感謝と慰労の気持ちを込めて記念品の贈呈が行われました!

 

 

開院記念式典は当院・職員にとって色々な意味で節目となるイベントです。今後も一丸となって頑張っていきましょう!!

 

最後は長野院長に閉会の挨拶のご発声をいただき、万歳三唱でお開きとなりました!

 

 

 

式典にご来場いただきました来賓の方々、誠にありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。

 

【OFF SHOT集】

  

 

  

 

  

 

  

 

 

院内研究発表会
2019年08月23日

今年も自身の研究成果を発表すべく、7人の勇士がSHIROYAMA HOTEL kagoshimaに集い、長野院長の開会宣言で院内研究発表会が開幕しました!

 

第1部座長・第2部座長はこのお二方!

 

スムーズな進行よろしくお願いします!

本年度のエントリーは下記の7演題です!

 

1.当院クリニカルパスにおける傾向と今後の活用ー4年間のデータ分析よりー

 

2.インフルエンザのアウトブレイクに関する対策と対応および今後の課題

 

3.脳卒中による神経因性膀胱患者の排尿自立に向けた援助

 

4.訪問看護ステーション出向制度を利用して〜出向後の取り組みと見えてきた課題〜

 

5.下肢周径に対する物理療法を用いた即時的変化の検証

 

6.入院患者に対する身体機能に応じた段階的機能訓練への取り組みーオーダーメイドリハの実践ー

 

7.診療明細書に対する問い合わせゼロを目指して

 

今年度も多職種から出題があり、活発な質疑応答が行われました!

  

 

  

 

そして、院内研究発表後の特別講演では、当院へ定期的に訪問歯科診療に来院していただいている新上橋さくら歯科の理事長先生にご来場いただき、ご講演いただきました!

特別講演座長は看護部長が努めます!

進行よろしくお願いします!

 

特別講演「口から健康な生活を実現するために知っておきたいこと」

医療法人さくら 理事長(歯科医師)松永 純先生

 

 

 

 

松永先生の講演は、医科と歯科の領域をクロスオーバーする内容で、我々リハビリテーション医療に従事する者にとっても非常に有益かつ目から鱗のような内容でした。

講演の中で紹介されたKTチャートは、当院の栄養サポートチームで運用検討していたツールです。当院でもこの講演を契機に、患者さんにとってより良い栄養摂取の提案につなげていこうと思います!

松永先生、貴重なご講演誠にありがとうございました!!

 

院内研究発表後は、開院記念式典が開催されます!その様子は次記事をcheck!!

Jewelry juice
2019年08月10日

みなさんこんにちは!八反丸クッキングのお時間がやってまいりました!

本日のメニューは・・・「シソジュース」です!!

今回もIADL訓練として患者さんと一緒に調理しましたのでその様子をお届けしまーす!

それではドゾー(^o^)/

 

シソジュースの元となるシソシロップを作っていきます!

シロップには葉の部分だけを使用します。綺麗なシソの葉を大量に収穫する事が出来ました!豊作、豊作(*^ω^*)

 

 

調理場へと移動し、役割分担して調理を進めます!

まずは下ごしらえ&調味料準備!

 

砂糖の分量はお好みですが、長期保存をされる場合には、砂糖が少ないとカビが発生しやすくなってしまうそうです。

 

沸騰した鍋にシソを入れ15分ほど煮出し、粗熱が取れたらザルでこしていきます。

 

 

鍋に戻し砂糖を加え、弱火で砂糖が溶けるまで一煮立ち。

 

 

ボウルに移し、クエン酸を混ぜ、氷水を入れた大きなボウルで冷やしたら完成!!

コップに注ぎ、水で3〜4倍に割ってみんなでいただきましょう!

 

 

見てください!この見事な色!

まるでルビーのような輝き(*∀*)!!氷を入れた事で織りなされるグラデーションが見事です!まさしくJewelry juice(宝石ジュース)!暑い夏にぴったり、さっぱりと味わえる一品に仕上がりました!!

 

担当した訓練士もこの笑顔(^_^)v

 

使用済のシソの葉は、お皿に広げ電子レンジで乾燥させ、カラカラに乾かして塩やゴマと合わせればふりかけにもなります!

 

 

今回作ったシソシロップは、ジュースの他にシロップとしてそのまま使用する事も可能です!

ご自宅でも簡単に作る事が出来ますので、ぜひお試しください!

これにて調理訓練もお開き・・・またお会いしましょー(^.^)/~~~

院内感染対策委員会定例研修
2019年08月02日

♪Yeah!めっちゃホリディ

♪ウキウキなリハ希望

♪Yeah!ズバッと1単位

♪ノリノリでリハしたい

 

本格的な夏が到来し、思わず夏の曲を口ずさみたくなります!患者さんも暑さに負けずリハビリに励まれています!

 

さて、先日は年に2回必ず実施するよう義務づけられている院内感染に関する研修会を開催いたしました。

 

講師は、当院の非常勤医師でもある今給黎総合病院 呼吸器内科の岩川 純Drに務めていただきました。

岩川Drは院内感染対策に関する専門知識をお持ちであり、当院のICT:インフェクションコントロールチーム(感染対策チーム)で中心的な役割を担っておられ、毎週実施する院内ラウンドを通じて、当院の感染予防にご尽力いただいています。

 

本日の研修テーマは、「CDI:Clostridium difficile infection」についてです。

CDIとは、クロストリジウム・ディフィシル感染症の事です。クロストリジウム・ディフィシルは抗菌薬関連下痢症・腸炎の原因菌で、院内感染の原因微生物として重要です。正常人の腸管内に少数生息しており、しばしば院内アウトブレイクを引き起こします。

抗菌薬使用に伴い、腸管内の正常細菌叢が乱れてクロストリジウム・ディフィシルが過増殖し毒素を出すと発症します。

また、芽胞を形成するため長期間生存する事が可能です。アルコールは効かず、次亜塩素酸ナトリウム消毒液での環境整備が効果的です。

 

小難しい話になりましたが、このCDIについての基礎知識と適切な検体採取・検査の方法、感染予防策等について役職者が講義を受けました!

 

 

 

最後は、院内感染対策委員長の中川副院長よりご挨拶いただき、閉講となりました。

本研修は、ビデオ研修として全職員が受講し、職員一丸となって院内感染予防に努めてまいります!

 

岩川先生、有意義な講義をありがとうございました!

彩鮮やか☆夏野菜カレー
2019年08月02日

みなさんこんにちは!八反丸クッキングのお時間がやってまいりました!

 

本日のメニューは、八反丸菜園で採れた夏野菜で作る「夏野菜カレー」です!

 

以前、他記事でご紹介しましたが、当院ではIADL訓練の一環で八反丸菜園(当院敷地内)での野菜作り(種まき〜収穫まで)と、菜園で採れた野菜を使用した調理訓練を行っております。

 

今回も立派な夏野菜が収穫出来ましたので、調理訓練の様子をお届けしましょう!

 

アレ・キュイジーヌ!(調理開始!)

 

当院には、ご家庭の台所をイメージした訓練施設があり、台所で調理する際の動作を実践しながら訓練を行います。

 

やはりみなさん手際が良いです!女性スタッフのみならず、独身男性スタッフにも勉強になります!?

 

具材をカットし炒めていきます!

 

 

 

カレールーを投入し、コトコト煮込んでいきます!良い香りが漂ってきました!

 

完成しました〜\(^o^)/

う〜ん!緑黄色野菜がふんだんに入っており見た目も鮮やかで栄養バランスもGood!カレーの香りに食欲が刺激され、夏バテでも思わず食べたくなるかも!?いろんな野菜が入っている為、様々な食感も味わえる一品になりました!

 

ご自分で作った料理は一段と美味しいですよね!患者さんも美味しそうに召し上がっていらっしゃいました!

 

八反丸菜園では季節のお野菜を栽培中です!

次回はどのような料理に生まれ変わるのでしょうか!?乞うご期待!

それではみなさんごきげんよう(^^)/

初期消火訓練〜Initial fire fighting training〜
2019年07月25日

鹿児島本土もついに梅雨明けとなり、お肌にやさしくない日差しがビシビシ降り注いできます!

んもぅ、やんなっちゃう!(-"-)

 

梅雨明後に即猛暑となりましたが、今年度新入職員を対象とした初期消火訓練を開催いたしました!

 

火災時に重要な初動対応は3つ

「避難」「通報」「初期消火」です!

 

本訓練には、上町地区の火事・救急を管轄する上町分遣隊の方々に訓練に立ち会っていただきました!

 

まずは上町分遣隊員の方から先日起きた京都府での放火事件にも触れつつ火災の危険性や対応方法について説明がありました。

この場をお借りして、被害に遭われた方々へ心よりお見舞いとお悔やみを申し上げます。。。

いかに火災が危険であるかを聴き、全員引き締まりました!

 

その後は院外へと移動し、水消火器を使用した消火訓練に移ります!

 

まずは上町分遣隊員の方から取扱い説明とお手本披露が行われました!

 

↓消火器取扱い手順↓

‖腓な声で「火事だー!」と叫び周囲に火災を知らせる。

⊂嘆亟錣鮖ち、火元から3〜5m程度距離を取る。

 ※必ず避難経路を確保しましょう!

 ※放射した粉末で視界が塞がれぬよう風上に立ちましょう!

0汰乾團鵑鮠紊飽き抜き、ホースを火元へ向ける。

ぅ譽弌爾魄って放射する。

 ※炎や煙ではなく、「燃えている物」を狙いましょう

 ※手前からホウキで掃くように放射しましょう!

ゲ仞が弱まってきたら少しずつ近づきながら火元に向かって確実に放射。

 ※消火薬剤を出し切るまで放射を続けましょう!

 

消火器による消火中止の判断基準は「天井に火が届く又は燃え移った時点」です!そうなった場合はすぐに消火を中止し、避難しましょう!

 

さすがプロ!!ムダの無い動きからあっという間に鎮火させました!カッコイイ(*^ω^*)

 

新人さんも続きます!

  

 

  

消火器は誰もが使用出来る消火設備です。設置場所と取扱手順をしっかりと覚え、緊急時に迅速に対応できるようにしていただきたいと思います!

 

消火器の次は屋内消火栓を使用した放水体験を実施!

水消火器とは比べ物にならない放水圧を体験していただきました!

  

 

  

屋内消火栓は放水圧が強い為、2名での取扱いを推奨します。

 

初期消火は、火災の延焼を防ぐ有効な初動対応です。

 

みなさんのご自宅には消火器はございますか??

 

この機会にご自宅への消火器設置を検討してみてはいかがでしょうか??

 

また、これからの季節、熱中症にもくれぐれもご注意ください!