スタッフブログ一覧

院内研究発表会〜其之一〜
2018年08月06日

暑いですね・・・8月に入り、セミの合唱が一段と大きくなって気温以上に暑さを感じてしまいます(~_~ ;)

 

さて、去る8月4日に毎年恒例の院内研究発表会が開催されました!

 

まず、中川副院長の挨拶で幕を開けた院内研究発表会から!

 

 

審査員の方々も気合十分!厳しい審査が予想されます・・・

 

今年度のエントリーは下記の7演題でした。

 

1.退院支援におけるチェックリスト活用について

 診療支援部 地域連携課 木原 美紀

 

2.保険請求期間の残業時間短縮への取り組み

 〜保険請求業務の見える化〜

 診療支援部 診療支援課 増田 友紀

 

3.超音波と電気刺激の併用が骨格筋に及ぼす影響

 診療部 外来 原田 亮祐

 

4.私たちに求められているもの

 〜院外健康教室を通じた地域貢献〜

 介護事業部 谷口 豪

 

5.外来増収に向けた取り組み

 ー2017年度外来の課題と対策ー

 診療部 外来 永留 篤男

 

6.足底板療法の可能性ーセラピストの役目とはー

 診療部 外来 原田 亮祐

 ※2演題目の為、写真は割愛します。

 

7.2017年度 患者満足度調査に対する外来部門の取り組み

 ー外来診療における「待ち時間の配慮」と「待ち時間の告知」に対してー

 診療部 外来 牧 睦子

 

 

 各演者から夏の暑さを上回るような熱い情熱がビシビシ伝わり、それに呼応するように審査員やフロア、そいて座長からも活発な質問が飛び交いました。

 

 

 

 

この後は、外部講師による特別講演が行われます!

 

様子は「院内研究発表会〜其之二〜」をご覧ください!

新入職員3ヶ月経過ストレスフォロー研修開催
2018年07月28日

猛暑が続いており、我々大人は早くも参っていますが、夏休みに突入した子供達は暑さなんてなんのその。元気いっぱい外を走り回っております(^_^;)

お子様とお出かけの際は、帽子と水分の持参を忘れないようご注意ください!!

 

さて、26日に新入職員3ヶ月経過ストレスフォロー研修を開催しました。

 

 

本研修の講師は、当院の非常勤である上原 美穂心理士に務めていただきました!

 

本研修では、入職3ヶ月を経過した現在の身体的・精神的状態のセルフチェック、仕事と上手く付き合う為のメンタルヘルスケアを学びました!

 

 

 

ストレスは、日常的には感じていなくても、知らぬ間に溜まっていくものであり、誰にでもあります。

 

豊かな生活を送っていく為にも、ストレスにこまめに気付いて対処し、上手く付き合っていく事が大切です。

 

新入職員のみなさんも、研修で学んだ事を参考に溜めこみ過ぎず、一人で抱え込まずに頑張っていただきたいですね!

初期消火訓練実施
2018年07月26日

梅雨も明け、夏真っ盛りの時期となってきました!

 

全国的な猛暑となっており、報道等で熱中症への注意喚起が行われております。

 

こまめな水分・塩分補給を行うなど、熱中症には十分お気を付け下さい!

 

 

 

さて、今回は火災発生時の3つの初動のひとつ、「初期消火」について1年目スタッフを対象とした訓練を実施しました。

 

鹿児島市消防局 上町分遣隊のご協力のもと、「消火器」「屋内消火栓」を使用した消火訓練を行いました!

 

まずは消火器の取扱い方法の講義を受け、屋外に移動して実際に消火器を使用しました!

 

消火器使用時のポイントは、

〇避難経路を確保する。

〇炎ではなく、燃えているモノに噴射する。

〇天井に火が燃え移ると初期消火不可なので、即避難する。

 

みなさんも覚えていてください!

 

 

続いて屋内消火栓での訓練に移ります。

 

屋内消火栓使用時のポイントは、

〇放水圧が強い為、2名以上で取り扱う。

〇ホースを全て引き出し・延長してから送水する。

 

 

↓かなりの放水圧ですが、一人で操作する猛者も・・・

反動でケガをする恐れもありますので、取り扱いは2名以上を推奨します。

 

火災発生時、「初期消火」「避難誘導」「通報」は義務とされており、医療人として治療するだけではなく、火災等の非常事態から在館者を守る事も非常に重要な役割です。

 

次回の防災活動は、「夜間想定避難訓練」を予定しております!

3階病棟院内健康教室開催〜転倒予防編〜
2018年07月09日

先週からの大雨の影響により、被害に遭われた皆様、避難されている皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 

鹿児島は、昨日まで降り続いた雨も止み、久々の快晴ですっかり夏模様です(*^_^*)

 

さて、先週7日に患者さん・ご家族を対象に3階病棟主催院内健康教室を開催しました!!

 

今回のテーマは「転倒予防」についてです。

 

講師は、当院の理学療法士 斉野 千麻さんです。

 

スライドを用いて転倒の原因や骨粗鬆症等についての説明と、自宅でも出来る体操・自主訓練を実技を交えレクチャを行いました。

 

参加者の方もメモを取ったり、一緒に体操を行なったりと「転倒予防」について理解を深めていただけたのではないでしょうか。

次回の院内健康教室は、「ロコモティブシンドローム」についてを予定しております。

医療ガス講習会開催
2018年07月07日

関東甲信地方は梅雨明けしましたが、九州南部鹿児島はまだ梅雨真っ盛り・・・

シトシトと雨が降り続いております。

 

7月5日、今年度新入職員を対象とした医療ガス講習会を開催致しました。

 

看護師・ケアワーカー・セラピストと、現場で医療ガスを取り扱う職種の新入職員20名が参加しました。

 

講師のご協力をいただいたのは、医療ガス取扱い業者「鹿児島熔材」の伊豆本氏です。

 

医療ガスには様々な種類がありますが、今回は特に取扱い頻度の高い「酸素ボンベ」について講義を行っていただきました。

 

まずは、酸素ボンベの取扱い方法や注意点をまとめたビデオを聴講しました。

 

 

聴講後、実物を用いて伊豆本氏より補足と残量計算方法等の講義を行っていただきました。

 

最後に、診療支援部 総務企画課 西田より、実際に酸素ボンベの使用過程で起こったひやりハットの事例を紹介し、医療ガス取扱いへの注意喚起を行って講習会はお開きとなりました。

 

医療ガスの誤った取扱いは、患者さんはもちろんの事、取扱者自身にとっても非常に危険です。

 

受講後、参加した新入職員は皆引き締まった表情をしていました。今後、しっかりと知識・技術を身に付ける為の良い機会となった事でしょう。

BLS模擬訓練実施
2018年06月28日

6月27日、外来スタッフを対象としたBLS(Basic Life Support)模擬訓練が行われました!!

 

BLSとは、心肺停止または呼吸停止に対する一次救命処置の事です。

 

日中を想定した訓練の場合は、救命にあたってのリソース(ヒト・組織・モノ)は十分にあるので、いかに組織的に対応を適切に行えるか、伝達はうまくいくか、というところが訓練の大切なポイントになってくるのではないでしょうか。

倒れている人を発見!!

大きな声で助けを呼びます!!

PHSでさらに応援を呼びます。

呼吸、脈拍、血圧などのバイタルチェックを行います!

 

ストレッチャーに乗せて診察室へ移動します。

今回は心肺停止なし、呼吸もあるようです。

 

 

心電図をとり、異常がないか確かめたところで今回の訓練は終了しました。

 

BLSを学ぶ人が多い地域では救命率が向上するというエビデンスがあるそうです。

当院だけではなく、地域の救命率向上にも貢献すべく、今後も継続的にこのような訓練を続けていきましょう!!

院内感染対策委員会定例研修会開催
2018年06月22日

鹿児島は、梅雨による雨が降り、晴れたと思えば桜島の噴火による灰が降っています・・・(^-^;)

 

6月21日、院内感染対策委員会による定例研修会が開催されました。

 

院内感染に関する研修会は、年に2回必ず実施するよう義務づけられています。

 

感染対策委員会の委員長を務めている副院長の中川Drの挨拶で講義が開始となりました。

 

今年度第1回目の講師は、当院の非常勤医師でもある今給黎総合病院 呼吸器内科の岩川 純Drに務めていただきました。

岩川Drは院内感染対策に関する専門知識をお持ちであり、当院のICT:インフェクションコントロールチーム(感染対策チーム)で中心的な役割を担っておられ、毎週実施する院内ラウンドを通じて、当院の感染予防にご尽力いただいています。

 

今回の研修テーマは「経路別の感染防御」に関して以下の内容を役職者を対象に実施しました。

1.感染とは

2.感染経路別予防策

 ・空気予防策

 ・飛沫予防策

 ・接触予防策

3.まとめ

 

本研修はビデオで録画し、一般職員も後日全員受講します。

 

 

 

 

参加した役職者は熱心にメモを取りながら講義に聞き入っていました。

 

感染防御で重要な事は、標準予防策(スタンダードプレコーション)を基本とした、感染経路別・患者さんの症状や接触状態に応じた対策を行う事です。

 

患者さんは言わずもがな、自分自身を病原体から守る為にも感染防御は非常に重要な役割を担っています。

 

最後に、院長の長野Drより挨拶と、講師を務めていただいた岩川Drへ全員でお礼を述べ、講義は終了となりました。

FUKUSHI FESTA in はらら ブース出展の巻
2018年06月13日

梅雨に入り蒸し暑い日が続いております・・・クーラー、扇風機が手放せませんね(^-^;)

 

さて、今回は「FUKUSHI FESTA in はらら」へブース出展のご依頼があり、下記のメンバーで参加してまいりました!

 

永留 篤男(理学療法士)

谷口 豪(理学療法士)

郡山 香奈子(看護師)

瀬戸山 沙織(介護支援専門員)

矢野 詩織(事務)

施設内外に多くのブースが出展されており、当院はスタンプラリーブースへ出展させていただきました!

 

 

当院のブースの目玉として、「InBody(インボディ)」と・・・

「足圧測定器」での計測を行いました!

InBody(インボディ):体を構成する基本成分である体水分、タンパク質、ミネラル、体脂肪を定量的に測定する機器です。

 

足圧測定器:足圧分布、荷重バランス、重心位置を測定し、体バランスを評価する機器です。

 

各機器の測定結果を体験者へフィードバックし、質疑応答を行いました。

 

 

 

体験者数は、

InBody(インボディ):46名

足圧測定器:56名

と、多くの来場者に体験していただき、普段知る事の出来ない自分の身体状況を知る事が出来る良い機会になれたと思います!

 

当院の他にも、会場では趣向を凝らしたブースや、ステージ上での夢太鼓、ダンス、マジック、吹奏楽バンドの演奏などが行われ、大盛況でした!

 

参加されたスタッフの方々、お疲れ様でした!

鹿児島駅周辺クリーン作戦2018
2018年06月09日

当院が位置する鹿児島発祥の地「上町(かんまち)」地区にある「鹿児島駅」。

 

1901年(明治34年)6月10日に開業し、今年で開業116年目を迎えました。

 

開設記念日を翌日に控えた本日9日早朝、上町タウンマネジメント主催の「鹿児島駅周辺クリーン作戦」が開催され、今年も当院からボランティアとして45名のスタッフが参加してまいりました!

 

 

鹿児島駅から当院までの道のりを3ルートに別れて清掃を行います。

オレンジビブス・樋廻(ひばさみ)・軍手の清掃用防具を装備し、いざ出陣!

ちなみに、現在の鹿児島駅舎は4代目。

今後、鹿児島駅周辺都市拠点総合整備事業の一環で、5代目新駅舎へと生まれ変わるそうです!

 

植木の中に投げ込まれているゴミも見つけ出します!

 

 

小さいゴミも見逃しません!

 

開始間もないですが、多くのゴミが落ちていました。

 

 

 

約45分かけて当院までの道のりを清掃し、多くのゴミを回収する事が出来ました!

最後に、回収したゴミを分別して当院で廃棄しました。

 

普段何気なく通っている道も綺麗に見えるようで実は多くのゴミが隠れています。

 

当院も地域の一員として綺麗な上町地区の維持に今後も協力していきます。

 

参加してくださったスタッフの方々、お疲れ様でした!

4年目フォローアップ研修開催【理念Café編】
2018年06月07日

午後からは理事長による「理念について」の講義後に理念Caféを開催しました。

 

 

 

今回の理念Caféのテーマは「みんなの嬉しい・良かったとは何ですか?」です。

各グループで、みんな(職員・患者・地域)の嬉しい・良かったとは何かをどんどん出し合っていきます。

 

 

 

 

 

各グループで出た意見を他のグループで共有する他花受粉を行い、新たな意見を持ち帰ります。

 

 

 

他グループの意見も併せて、各グループで職員・患者・地域の嬉しい・良かったとは何か?を導きだし、それに対しての対策を立てます。

 

 

 

 

各グループでまとめた、みんな(職員・患者・地域)の嬉しい・良かったとは何か?を全員で共有するため、発表を行いました。

 

 

 

 

 

 

以上で4年目フォローアップの研修は終了となりました。

 

当院では、このような階層別研修や理念Caféを定期的に開催しております。