スタッフブログ一覧

敬老の日の催し
2014年09月13日

  当院は、多くのご高齢の患者さまにご入院いただいていることもあり、毎年「敬老の日」に因んだイベントを行なっております。

 ご高齢の方にとって「敬老の日」が楽しく特別な一日であってほしいと、本年も各病棟、外来にてイベントを開催しました。

 ハーモニカの演奏、なぞかけの演芸、ものまねショー、フラダンスにおはら節、エイサー踊りにマジックも飛び出し八反丸病院のホールは満員御礼の大盛り上がりでした。

 

2階病棟日常生活動作室大ホール演芸場より

 

 

 

 

3階病棟ダンスホールより

 

4階病棟ディールーム前大舞台より

 

 

 

院内研究発表会
2014年09月10日

 

 

 今年も当院の院内研究発表会が8月30日(土)にウェルビュー鹿児島にて行われました。

看護部門・リハビリ部門・事務部門より10演題の発表がありました。

 

 発表の様子1

 

 

 

発表の様子2

 

 

 

『地域包括ケアとリハビリテーション―これから我々に求められるもの―』

と題して、小倉リハビリテーション病院名誉院長 浜村明徳 先生

に特別講演していただきました!!

 

 先生のリハビリテーションに関する講演に当院スタッフもとても刺激を受けました。

 質疑応答では活発な質問を先生に投げかけていました。

 

 特別講演を快く引き受けてくださった浜村先生、どうも有り難うございました!!

 

 

 

 

急変対応勉強会
2014年07月19日

 

 急変対応の勉強会は新規入職者が夜勤の業務に就く前に行っています。

 夜勤時に急変が発生した場合は先輩のサポートはなく、患者さんの命を預かることになる緊張が高まる場面です。

 勉強会後の新人看護師さんたちのコメントと勉強会の様子です。

 

 

Oさんコメント

 

 『私たちの想定していた対応の優先順位と先輩たちの考える優先順位が異なっていたり、観察項目に不足があったりしました。

 今回の勉強会を通じて学んだこと活せば急変の時もうまくいきそうな気がします。』

 

 

 

Uさんのコメント

 『緊張感の高さや自分の経験が未熟なこともあってか、実際に急変を想定して動いてみると、先の事を予測して対応することの難しさを感じました。

 この勉強会を通じ、もしもの時に動けるように学習を深めていきたいと思います。』

 

Hさんコメント

『実際の急変対応を体験してみて多くの収穫がありました。

 わからないことを先輩にたくさん質問することができてとても勉強になりました。』

 

Aさんのコメント

『一次救命措置(BLS)の基本的な対応は理解していましたが、実際に患者さんの疾患を頭に入れてのその場で応用して対応することはとても難しいと感じました。

 疾患別に適切な対応ができるように学習と経験を深めていきたいです。』

 

 

南州神社 六月灯
2014年07月17日

 今年も南州神社の六月灯へいってきました。

 

 六月灯は鹿児島の夏の風物詩であり、県民には「ロッガッドー」の呼び名で

親しまれており、神社や境内に人々が灯籠を持ち寄って奉納する行事です。

 

 南州神社は西郷隆盛のお墓があり、当院の位置している上町地区を代表する神社です。

当院も灯籠を奉納しました。

 

スタッフでお詣りしました!

 

出店もたくさんあって賑わっていました。

 

 

地域清掃活動
2014年07月12日

地域清掃活動を行いました!! 今回は上町南風通りです。

台風8号通過後で地域の方が清掃されているせいか、ゴミがほとんどない状態でした。

 

 それでも当院のスタッフはゴミが落ちていないか一生懸命探していました。
 これからも地域貢献の為、頑張ります!! 

  

新入職員向け介護保険勉強会を開催しました!
2014年05月28日

 

 当院の ソーシャルワーカー主催で新入職員を対象とした介護保険についての院内勉強会を行いました。

 介護保険に関してはまだあまり接する機会もなく難しい内容だったと思いますが、参加したみなさんは患者さんにとって大事な制度ということで真剣な姿勢で聴講していました。

 

 医療保険制度の仕組みをよく理解することもより良い医療を提供するには大切なことです。

 参加した新入職員のみなさんお疲れ様でした。より良い医療を患者さんに提供できるように今後も一緒にがんばっていきましょう!!

 

 

 

火災発生時の通報訓練を行いました
2014年05月23日

 

 防災の観点から新入職員向けに火災探知機と非常放送設備の取り扱いの説明を行いました。

 まず、探知機が作動した場合、実際の火元が病院内のどの施設か確認することが大切だそうです。

 そして実際に火災が発生した場合の通報の手順を確認しました。

 

 

 夜勤時に何か起きた場合は新入職員スタッフも自分で対応する必要があります。 

 もしも何かあった場合も適切に行動できるよう、真剣に機器の操作手順に聞き入っていました。

 

 当院では患者さんに安心・安全な環境を提供できるようスタッフ一丸となり、防災に努めて参ります!!

 

病棟スタッフ向け院内勉強会を開催しました!
2014年05月21日

  3階スタッフステーションにて気管切開チューブ「レティナ」の取り扱いについて勉強会を開催しました。

 

 『気管切開』とは自分で上手く呼吸できない人や、痰が出せない人、また肺炎などの感染症によって痰が多くなり、呼吸困難を起こす恐れがある人の気道(のど)に穴をあけて気道を確保する方法です。

  

 

 

 気管切開について解説する講師!

 

 

今回の講師は3階病棟師長でした。

 

講義の後も

・もしもはずれた場合の対応
・実際にはずれてしまうのはどういった場面か

などについても活発な質疑応答がありました。

当院では安全・安心の医療サービスを提供できるようにこういった勉強会を定期的に開催しております!!

平成26年度 新入職員歓迎会
2014年04月28日

 

 今年度の新入職員の歓迎会を『ウェルビューかごしま』で開催しました。

 スタッフは歌と踊り、そして『恋するフォーチュンクッキー』のビデオなどでで新入職員30名を迎え入れました。

 新入職員の皆さん、地域で一番のリハビリ病院を目標により良い医療を実現していきましょう!

 

会場の様子。200名以上のスタッフが一堂に集まりました。

 

理事長の乾杯の挨拶

 

 

新入職員代表挨拶

 

弾き語り

 

ダンスパフォーマンス!

 

 

情報WAVEかごしま かごしま一番星! にスタッフ出演
2014年03月14日

 

2014年3月14日、NHK鹿児島放送局の番組「情報WAVEかごしま」の1コーナー

「かごしま一番星!」に当院の理学療法士 主任 竹内直人が出演しました。

このコーナーは鹿児島県の各地で様々な分野の第一線で活躍する人を紹介するコーナーです。

番組で紹介された内容をここでも簡単に紹介します。

 

 

当院での取材の様子

 

 八反丸病院の外来のリハビリで普段は患者さんの痛みをやわらげることに腐心している様子が紹介されました。

 

「薩摩ぼっけもん」という車いすバスケットボールのチームがあります。

 

 患者さんに偶然、「薩摩ぼっけもん」の方がいらしゃってそれが縁で「薩摩ぼっけもん」のトレーナーを務めるようになり、練習相手不足から健常者による車いすバスケットボールチーム「Naughty」を立ち上げました。

 

 普段は患者さんのケアを考えていますが、トレーナーの時は如何に運動能力を引き出すか、そのためにはどういったトレーニングに力点をおけばよいかという思考に切り替わります。

 

 現在はマイナーな分野である障碍者スポーツをもっと多くの人に知ってもらいたい気持ちがとても強く、自らのチームで活動をしたり、全日本の車いすバスケットボールのチームトレーナーを努めたりと様々な活動をしています。

 

 

「薩摩ぼっけもん」と「Naughty」の仲間たちと