最新のお知らせ一覧

市民公開講座(2019年7月7日開催)でのご質問の回答です
2019年08月28日

 

 2019年7月7に開催しました南九州rTMS研究会主催の市民公開講座にてご質問のあった内容について回答いたします。

 ご質問頂いた皆様へ回答が遅れてしまったことをあわせてお詫び申し上げます。

 

 
【質問】1
  痛みで歩行障害はないが、「おかしな症状」のいくつかがあり、不登校に悩む娘がいます。悪い影響がないなら、試してみたいが、やってくれるのか?費用はどのくらいかかるのか?

【回答】1
  「悪い影響がないなら試してみたい」と言うことですが、診察した上でないと決められません。診察した上で、あまり適応がないと判断しても、ご本人も治療を希望された場合は試みることもあります。費用については厚地脳神経外科病院にお尋ね下さい。



【質問】2
  脳脊髄減少症で液を排除することで脳へのダメージはないのか?
  空気を入れた方法はどこから吸収されるのか、不思議でした。

【回答】2
  「脳脊髄液減少症」と呼ばれていても、実際には減少していないことがほとんどです。実際に他の病院で「脳脊髄液減少症」と診断されていても、脳脊髄液を捨てることで症状が改善することが大半です。脳脊髄液を排除しても脳にはダメージはありません(病気の種類によっては脳ヘルニアを起こして死亡することがある)。
  硬膜外に注入した空気や酸素は、血液や細胞に吸収されます。呼吸した空気は血液に溶けて体中に酸素を運びます。

 


【質問】3
  過敏性大腸炎の方が酸素注入法で治療の所に書いてありましたが、効果のあった人の特徴とかあるのでしょうか
  同病気で、苦しんでいる方がいるので、紹介した方が良いのではと思ったところです。又、手術費用(検査含む)はどのくらいでしょうか
  今日は、とても良いお話、皆様ありがとうございました。

【回答】3
  過敏性腸症候群と過敏性大腸炎は異なります。炎症があるものが硬膜外酸素注入療法で治る事はありません。追突事故のような非常に軽い頭頸部外傷の後、激しい水のような下痢が続く患者がいます。事故後に頭痛やめまいなどの症状を訴える患者に対して硬膜外酸素注入療法を行った後、突然下痢も止まったという患者を沢山経験しました。その意味で、色んな検査をしても激しい下痢の原因が分からないときにこの治療が有効ではないかと考えています。
  費用については厚地脳神経外科病院にお尋ね下さい。



【質問】4
  慢性疲労症候群と診断されている生徒がいます。体育の授業はすべて欠席か見学です。
無理に運動しない方がよいのでしょうか

【回答】4
  慢性疲労症候群と診断されている患者に運動をさせると、症状は非常に悪くなることがあります。厚地脳神経外科病院で診察を受けられることを勧めます。正常圧水頭症センターの川原先生が診察して下さいます。



【質問】5
  脳せきずい液減少症と起立性調節障害は必ず頭痛がおきるんですか?

【回答】5
  脳脊髄液減少症と起立性調節障害は別の病気です。そもそも「脳脊髄液減少症」という病気があるかどうかもハッキリしていません。
  通常マスコミで言われている「脳脊髄液減少症」を念頭において回答すれば、どちらの病気もほとんどの場合頭痛を伴います。頭痛はかなり激しいものですが、頭痛以外の症状が酷い場合もあります。医学の領域である病気にある症状が「必ず」伴うという言い方は、症状そのものが病名になっている場合以外はしません。片頭痛という病気は必ず頭痛を伴います。しかし、「脳脊髄液減少症」や起立性調節障害には頭痛を伴わないことがあってもおかしくありません。



【質問】6
  足裏のむくみは何が原因か教えて下さい

【回答】6
  浮腫の専門家ではないので、足裏の浮腫の原因についてお答えは出来ません。
  一般的に言って、浮腫の原因は心不全などの心臓の病気、低蛋白質や電解質異常のような血液成分の異常、リンパ浮腫という病気があるように、リンパの循環が悪い場合などがあります。
  しかし、高齢の方で足(膝から下)がむくむのに、ハッキリした原因が分からない人がいます。このような患者で頭の検査をし、脳室が正常よりも大きくなっているときに脳脊髄液を排除すると、浮腫が消えることがあり、脳脊髄液の異常も浮腫の原因になっていることが考えられます。しかし、浮腫を扱った医学の教科書にこのような事は、私の知る限り記載されていません。
  正常圧水頭症の治療をしたら足の浮腫が消えた患者がいるという記載は、一般向けに書かれた正常圧水頭症の本(桑名信匡著 脳外科の名医が答える 認知症は手術で治る 主婦の友社発行)に記載があります。

 

 ※質問・回答に関しての詳細は慈風会 厚地脳神経外科病院の市民公開講座担当までお問い合わせください。
 

 

 

NERUO認定取得
2019年08月28日

 2019年8月3〜4日に開催された日本スティミュレーションセラピー学会の理事会・評議員総会にて、当院は東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座より研究協力施設としての治療成績を認められ、正式に

「NEURO(NovEl Intervention Using Repetitive TMS and Intensive One-to-one training)」


 

および「NEURO(NovEl Intervention Using Repetitive TMS and Intensive Occupational Therapy)」


 

の認定を受けました。

どちらの「NEURO」も商標登録となっています。
 

本件のNEUROニューロとは、脳卒中後上肢麻痺(手指の麻痺)に対する革新的な治療アプローチです。

詳細はコチラのリンクをご参照ください。

社会福祉士(経験者)の採用情報更新のお知らせ
2019年08月26日

社会福祉士(経験者)の募集を開始しています。

詳細はコチラをご覧ください。

ご応募お待ちしております。

マスメディア情報
2019年08月03日

鹿児島県看護協会が発刊している「看護かごしま」に当院看護師スタッフが掲載されましたのでお知らせいたします。

 

昨年度、訪問看護ステーション みなみ風さんに出向させていただいた際の指導者様の記事内(8P左下の「病院看護師の受け入れについて」)でご紹介いただきました。

詳細はコチラ

身障者用駐車スペース増台のお知らせ
2019年07月12日

当院に隣接しているコインパーキング横に身障者用駐車スペースを2台分増設いたしました。

 

駐車場の適正利用にご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

市民公開講座のお知らせ
2019年06月18日

令和初の七夕の日に市民公開講座が開催されます。

 

詳細は下記URLよりアクセスしてください。

 

当院も協賛として携わらせていただいております。

 

どなたでも参加でき、参加料も無料となっておりますので、ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、ぜひご来場ください!

 

大勢のご参加、心よりお待ちしております。

↓詳細はコチラから!

http://www.hattanmaru.jp/doc/rei0707.pdf

面会制限解除のお知らせ
2019年03月12日

12月下旬より、感染症流行時期で面会制限を行っており、患者様・ご家族の皆様には、多大なご迷惑をお掛け致しました。心よりお詫び申し上げます。



皆様のご協力を賜わりながら手洗い・うがい・消毒の徹底、感染防止に取り組んで参りました。

 

 

その結果、お陰様で、感染症の発生なく面会制限の解除に至りました。これも皆様のご理解・ご協力によるものと、深くお礼申し上げます。

 

 
今後、下記の流れで面会対応をしていきます。

≪3月11〜17日≫
面会受付で面会カード記載、体温測定し、ディールームで面会

 

≪3月18日〜≫
スタッフステーションで面会用紙記載体温測定し、ディールームで面会

 

 

今後とも、宜しくお願い致します。時節柄くれぐれもご自愛ください。

感染対策担当者養成セミナー受講
2019年02月13日

Infection Control Staff(ICS)養成のための感染制御講習会を当院看護師が受講してまいりましたのでお知らせ致します。

 

この講習は、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、臨床工学技士、滅菌技士を対象としてInfection Control Team(ICT)の一員として、医療現場で発生する種々の感染制御に関わる問題に対処できるスタッフを養成するためのもので、受講することにより、感染制御に必要な知識と技術が身に付けられます。

 

 

 

今後は当院の感染対策活動に活かしていただきたいですね!

 

現在、当院看護師がもう一名受講中です。

マスメディア情報
2019年01月25日

理学療法士として当院に勤めている竹内 直人が下記雑誌に掲載されましたのでお知らせいたします。

 

広報あいら「AIRAview(アイラヴュー)」

発行:毎月15日

発行元:姶良市役所 秘書広報課広報広聴係

 

「今月の姶良人」という特集内で車イスバスケットボールの普及活動への取り組みを紹介しております。

 

ぜひご覧ください!!

 

 

 

中身はこちら

インフルエンザ流行に伴う面会に関するお願い
2018年12月19日

 

 インフルエンザの流行に伴い、当院1階の面会受付窓口にて申し込み後に面会していただく手順となっています。


すべての患者さんを感染からお守りするため、咳、発熱等の症状がある方、インフルエンザ発症者と一週間以内に接触した方は、面会を制限させていただく場合がございます。ご迷惑おかけしますが、何卒ご協力のほどよろしくお願いいたします。