入院について

当院はリハビリテーション病院です。自立する為にご自分で出来ることは、ご自分で行う努力をお願いします。

入院時ご提示いただくもの

  • 保険証を確認させていただきます
  • 身体障害者手帳、介護保険証をお持ちの方は確認させていただきます
  • 限度額認定証、標準負担限度額認定証をお持ちの方は確認させていただきます
  • 現在、服用中のお薬(前院分や他科分)、点眼薬、軟膏などがありましたらお薬手帳とご一緒にご提示ください

入院時に必要なもの

入院時は以下のものをご用意ください

  • 洗面用具(歯ブラシセット、シャンプー類)
  • 箸、スプーン、湯飲み(なるべくプラスティック)
  • チリ箱、ティッシュペーパー
  • パジャマ、下着類、普段着、運動靴
  • バスタオル、タオル、お風呂用袋

※1Fロビーに日用品の自動販売機を設置しておりますので、ご利用ください
※また、病衣の貸し出しも承ります
※日中はなるべく普段着でお過ごしください

注意事項

  • 所持品には必ず名前(フルネーム)を記載してください
    ※紛失した場合、当院では責任を負いかねますので、ご了承ください
  • お荷物は最低限の量でお願いいたします

ご入院の流れ

1 入院当日

入院当日(診察、問診、状態チェック)
主治医をはじめ、担当看護師、リハビリスタッフなど多職種で状態を確認します。患者さん・ご家族の希望を含め、今後の治療・リハビリの方針を検討します。

2 2日目以降

入院時カンファレンス
各専門スタッフで意見交換を行い、目標・注意点を話し合い、個別的な看護計画・リハビリテーション計画を立てます。

早期家屋調査
ご自宅の生活環境を調査し、看護計画・リハビリテーション計画の立案・実施に役立てます。

経過カンファレンス(毎月)
経過確認を行い、看護計画・リハビリテーション計画を見直します。退院後を見据えた動作訓練(IADL訓練)の検討を行い、実施しています。

3 退院前

退院前家屋調査
退院時の状況を想定し、住宅改修、生活指導を検討します。

退院時カンファレンス
医師を中心に患者さん・ご家族を交えて必要な時には後方支援のスタッフ、ケアマネジャーも参加し、退院後の生活を見据えた話合いを行います。

お見舞い・ご面会について

面会時間
原則として、午前10時から午後8時までとなっております。尚、時間外のご面会はご遠慮ください。面会の方は、必ず面会カードに必要な事項をご記入の上、ディールームか食堂をご利用ください。

患者さんへの差し入れについて
食べ物などの差し入れは、患者さんのご病状によって主治医の許可が必要となります。スタッフまでご相談ください。